【保険】個人年金はやらない方がいい3つの理由

お金

こんにちは。2児のパパをやっているカネコです。

 

若い頃はあまり考えないのですが,結婚をして子どもが生まれると保険についてもいろいろと考えるようになります。

 

保険に加入することで将来自分の身にもしものことが起こった時の保証が手に入ります。将来の保証がないより,あった方が絶対にいいですよね。保険のおばちゃんからもいろいろと将来の話なんかも聞かされます。

 

カネコも,そんなこんなで深い考えなしに保険に入っていました。しかし,その保証は本当に必要なのでしょうか。他の保険と補償が被っていないでしょうか。他の金融商品で運用した方が,利率的には有利なのではないでしょうか。

 

そしていろいろと考えていくと,数ある保険商品の中でも「個人年金」はやめた方がいいという結論に至りました。

 

理由は次の3つです。

 

  1. 流動性が低い
  2. 収益性が低い
  3. インフレに弱い

 

今回は,この「個人年金」をやめた方がいい3つの理由について解説していきたいと思います。

 

1.個人年金は流動性が低い

流動性とは,「すぐに現金に変えることができるか」ということです。

 

個人年金を契約する際は受け取る時期や受け取り方を選択することになりますが,基本的には60歳以降までそのお金を受け取らないのが普通です。

 

人生何があるか分かりません。自宅の設備が故障して急に修理費用が必要になるかもしれませんし,急に車が故障して新しい車に買い換えなければならなくなるかもしれません。もしかしたら家族が怪我をして入院して,治療費が必要になるかもしれません。

 

また,資産運用をやっている場合には急な相場の変化に対応するために追加資金が必要になるかもしれません。

 

個人年金というからには老後のための蓄えであることに違いないのですが,他にお金が必要な事態に対応することができないという点では,大きなデメリットと言えるでしょう。

 

仮に途中解約した場合では,返戻金が元本を下回る可能性がでてきます。元本を下回らないにしても,予定していた利率での受け取りは難しくなりますので,途中解約を行う可能性のある人は注意が必要です。

 

逆にいかなる場合にも引き出せない

 

2.個人年金は収益性が低い

収益性とは,「どれくらい増えるか」ということです。

 

仮に20歳で個人年金の契約を行い,毎月1万5000円ずつ払い込むとどれくらい増えるのでしょうか。

 

商品名『住友生命「たのしみワンダフル」』

契約者 年金開始年齢 月払保険料 払込総額 年金額 返戻率(10年確定)
男性20歳 65歳 1万5,000円 720万円 778万8,000円 108.1%

引用:個人年金保険の教科書(http://hokensc.jp/kojinnenkin/ranking.html)

 

このデータを参考にすると,720万円が40年間かけて約780万円になる計算です。返戻率は108.1%となっておりますが,これは毎年約0.4%の利率で複利運用した計算になります。

 

これに対して,インデックスファンドの平均利回りは4~6%程と言われています。世界が同程度の経済成長を続けているからとも言えます。

 

もし毎月1万5000円を個人年金に投資するのではなくインデックスファンドに投資を行ったらど720万円は40年間かけてうなるでしょうか。仮に手数料を考慮して3%の平均利回りで運用できたとします。すると,なんと約1400万円にもなります。

 

あくまで仮の計算です。元本を割ってしまう可能性だってあります。しかし,個人年金の利率の低さが際立っていることは理解していただけると思います。

 

3.個人年金はインフレに弱い

インフレとは,「物の値段が上がる」ということです。

 

資本主義経済は,インフレ(経済成長)を前提としていると言われます。ではこの40年でどれほどのインフレが起きているのでしょうか。

 

  1975年 2015年
大卒初任給 8.4万円 20万円
給与所得者年収 203万円 420万円

参考:明治~平成値段史(http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/J077.htm)

 

実は,この40年ほどでわたしたちのお給料はおよそ2倍になっています。つまり,一概には言えませんが物の値段もそれだけ上がっているのです。

 

では,毎月払い込んだ720万円は,40年後にどれくらいの価値があるのでしょうか。過去の40年間と同程度の経済成長があったとすれば,価値は半分程度に減っていしまいます。これがインフレのリスクです。

 

実際には物の価値にはより多くの要因が関係しますし,途中で個人年金の払込金額を変える等の対応は可能ですが,個人年金をやっておけば将来安心と考えるのは間違いです。

 

まとめ

そんな私も実は個人年金を運用しています・・・。もっと投資のことを早く勉強しておくんでした。現在は,少額から投資可能な金融商品が数多くあります。

 

個人年金」という名前に飛びつかないで,よく考えて将来への蓄えをしていきたいものです。おすすめは,やっぱりiDecoですかね。節税効果もかなり大きいですしね。

 

では,今日はこのへんで。

コメント